ベトナム > ベトナムへの赴任引越し

ベトナムへの赴任引越し

 
ベトナムへの赴任引越し

1.荷物の選別と輸送

ベトナムで日本人が居住するアパート、サービスアパートには基本的な家具・家電が備わっていることが多く、沢山のものを送る必要はありません。もちろん一切備え付けられていない、または一部しかない物件もありますので事前に確認しましょう。

引越しサービスと不動産仲介サービスを営んでいる企業もありますので、引越しと不動産をセットで依頼すると連絡先窓口が一つとなり、入居からお荷物配達までスムーズに行き大変便利です。

・手荷物で持っていくもの

ベトナム到着後、すぐに必要な衣類や業務で使うもの、貴金属などの貴重品、重要書類や振動に弱いPCなどの精密機械は手荷物として持って行くことをお勧めします。

・航空便で送るもの

所要日数約7~10日間。

到着後、早い段階で必要になるもの(衣類、家庭用医薬品、お子様の学用品等)が適しています。航空便は荷扱いが乱暴であることが多いため、壊れやすいものは必要最低限にしましょう。航空便は重量で料金が決まります。重量の計算方法が2種類あり、単純に"実際の重さ"だけではありません。箱の三辺(縦、横、高さ)のセンチメートルをかけ、6000で割ります。

例えば、縦50cm、横40cm、高さ30cmのダンボールであった場合、50×40×30=60,000となり、60,000÷6,000=10となります。これが「容積重量」と呼ばれるものです。

一方、お荷物をダンボールに入れ、ダンボールごと秤で量った重量が「実重量」と呼ばれ、これらどちらか大きいほうが採用されます。

つまり、軽くてかさ張る羽毛布団を航空便で送るのは不向きということになります。航空便は重量という点からいうと「容積重量」と「実重量」が近いほどお得で、上手なお荷物の送り方ということになります。

・船便で送るもの

所要日数約1ヶ月。

すぐに必要ではないが近々必要になるものや、家具などの大きなもの、書籍など重たいものが適しています。

コンテナ内で他の荷物と混載して輸送する場合は別途木箱などに入れることになります(紛失防止や乱暴な荷扱いを避けるため、また作業の効率化がその理由です)。様々な形状のダンボールを更に箱に収納するので必ずデッドスペースが生じ、最終容積は個々のダンボールの容積の合計から20~30%増えるとお考え下さい。

・その他

ベトナムは常夏と思われがちですが、ハノイでは四季があり冬場には最低気温が10度程度まで冷え込むこともあるので、冬物衣料も持参したほうが良いでしょう。ホーチミンでもデパートやオフィスビル、ホテル等ではエアコンが強い場合もありますので長袖のシャツやジャケット、カーディガン等を持参すると重宝します。

上記したとおり、ベトナムのアパートでは家具・家電が予め備わっている場合がほとんどのため、使用しない箪笥やテレビなどの大型家電は日本のトランクルームに保管するのも一つの選択肢です。この場合は防塵・防カビ対策を怠らないよう、シッカリ業者に依頼してください。数年後日本に帰任したときに使い物にならなくなってしまった、ということになりかねません。

2.輸入禁止、輸入制限品目

ポルノ、アダルト品、危険物、毒物、麻薬、銃火器、ワシントン条約に抵触するもの、衛生通信用アンテナ、ギャンブルに関する物品は輸入が禁止されています。

書籍、CD、DVD、ゲームソフト、絵画などは検閲が発生する可能性があり、別途料金が発生する場合があります。また暴力的な業現、人格形成に害を及ぼす書籍、記録媒体、反社会主義的なものも禁止されています。

アンティーク製品(制作から100年以上経過しているもの)は原則として輸入ライセンス、業務用カラーコピー機(高性能レーザーカラープリンタ)は検閲と輸入ライセンスの取得が必要です。アンティーク製品はベトナムから持ち出すことが禁止されているため、持って来ない方が無難です。

輸入禁止品目の混入が認められた場合、またはそれに相当すると判断された場合は没収のみならず高額な罰金が発生し、さらには勤務先企業の業務にも影響を及ぼすこともあります。

3.税金

税金は電化製品やゴルフ用品、ピアノなどの贅沢品に対して課せられます(先進国では贅沢品ではなくても、発展途上国であるベトナムでは贅沢品と見なされることもあります)。税関職員によっては、使い古したゴルフバッグにも課税されることもあります。デジタルカメラ、ラップトップPCなど小型電化製品は、余裕があれば、課税を避けるためにも手荷物として持ち込んだほうが良いといえます。

4.引越し会社との打ち合わせ(日本側)

大抵の企業は家財を輸送するための料金は会社で負担しますが、物量に制限があります。

(例えば航空便は100kgsまで、船便は10㎥まで、など。)各々が定める規定を引越しの見積り時までに確認し、その営業マンに伝え何をどのように輸送するのが得策か相談しましょう。日系企業は春の異動が多いので、赴任辞令が出たらなるべく早めに引越し業者に依頼し、スケジュールを確定させます。引越し業者も非常に混み合う時期ですので、後手になると希望日に引越しができず、渡航スケジュールの見直しを迫られるかもしれません。

5.梱包

引越し作業当日までに、手荷物で持っていくもの、航空便で送るもの、船便で送るもの、廃棄するもの、トランクルームへ預けるもの、ご実家へ送るものなど、ある程度の選別が必要です。作業当日に選別をしていると梱包作業が捗らず、また予定以上の時間がかかってしまい、疲れも倍増します。

下着など他人に見られたくないものは予めご自身で整理をつけることも可能ですので、ご希望がある場合は予め引越し会社に連絡し、ダンボールなど梱包材料を入手しましょう。

6.ベトナムに到着したら

2010年9月に入国カードは廃止されていますが、別送品(引越し荷物)や別途申告する必要がある場合は空港税関で入国カードを入手し、その場で記入、申告をしなければなりません。「入国カードの制度は既に廃止されているから、別送品があっても申告不要だ」とカード配布を拒否する税関職員もいますが、別送品がある方は必ず入国カードで別送品の申告をしなければなりません。

申告ができなかった、申告し忘れた、という場合はベトナム側の引越し会社に連絡し、その後の指示を仰いでください。業者によっては通関そのものが出来なかったり、通関に時間がかかったり、不測の事態が発生する場合もありますので別送品申告は確実にやらなければなりません。

入国カードは無料で配布されます。

7.ベトナムでの輸入通関

外国人がベトナムに引越し荷物を合法的に輸入するためには実に様々な書類が必要となります。パスポートは言うまでもなくビザ、スポンサーとなる勤務先企業のビジネスライセンス、労働許可等々。しかしそれらは航空便か船便か、業者によっても異なり、ハノイとホーチミンですら若干異なりますので事前に確認してください。未取得書類があると受け入れを拒否する業者も存在しますので、事前に十分にご確認下さい。

大手なら安心という考え方はベトナムでは実務面では通用しないことも多いので、視野を広く持ち、自分に最適な引越し業者を選ぶようにしましょう。

またベトナム人が海外勤務を終えて自国であるベトナムに荷物を送る場合は、全く異なる書類が必要となります。

※ベトナムでは通関ルールが頻繁に変わりますので、お荷物を送られる場合は最新の情報を入手してください。

8.配達時

多くの日系引越し業者では配達時の荷解きが基本サービスとされています。またダンボールなどの廃材回収も無料で行う場合が多いです。

ベトナムではダンボールが資源として販売可能であるため、各アパートの清掃員がこぞって回収を申し入れてきます。引越し業者に確認の上、回収するのか、清掃員に渡すのかを判断してください。

9.荷物事故

不運にも荷物事故が発生した場合は早目に業者に連絡し、保険求償手続を依頼します。

中には「どこで破損したか分からないから補償できない=責任の所在が分からないから補償できない」という耳を疑うような発言をする業者も存在します。そのような対応をされた場合は直ちに勤務先担当者に連絡を入れ、求償手続を再度依頼するか、引越し業者の選択肢から外すようにしましょう。

求償手続完了まで1~2ヶ月と長時間要することがありますので、予めご留意下さい。

メインコンテンツここまで